DF22sx2U16x (16sfx  車載型 マルチファンクションデコーダ )  
  DF22sx2U16_FX 汎用  \4900-
  DE22sx2U16_EC 電車用 \4900-
  DF22sx2U16_DC 気動車用 \4900-
赤い箱で音源書き込み可能
 2020/03/20 更新 

[HOME][会社紹介][DCC製品][暫定掲示板]          

 本製品は直販のみとなります。 (予約受付←クリック


SIZE: (33 x 10 x 2.8 mm)

標準添付 (消耗品)
  • 電解コンデンサ(220uF) * 1 

     

1.概要

1.1 開発コンセプト

Sound機能

注意

電車用 (DF22sx2u16_EC) , 気動車用 (DF22sx2u16_EC)については、参考音源例の動作までを仕様とします。
この擬似動力車機能 の設定変更による、意図しない不具合の発生が予想されます。その場合は、CVリセット、
音源データの上書きを行ってください。設定変更とは、走行音の追加、削除を示します。

当分の間、上記不具合、アップデートは、無償で引受けます(送料は有料)。
ただし、デコーダがハード的に故障していないこと、線路入力、SP出力ラインがICクリップではさめるようになっていなければなりません。当方でリード線取り付けなのど追加作業が必要な場合は、別途有償作業となります。

 

1.2 収録音

 
 [NGDCC DF22sx2u16_FX] ファンクション専用 16sfx 参考音源収録
  • F0: 駅のベル
  • F1: 駅ブザー
  • F2: ホイッスル
  • F3: 踏み切り
  • F4: 貨物列車通過
  • F5: DC特急通過
  • F6: タイホン

音源      DF22sxuFx_pkg.zip 書込みKEY (mZgoeNur)
CV定義   DF22sx2u16_FX.ini
CVリスト  DF22sx2u16_FX_cvlist.pdf

 

 [NGDCC DF22sx2u16_EC] 電車設定 参考音源収録
  • F2:タイホン (Fn変更可能)
  • F7:ドア開閉(Fn変更可能)
  • F8:サウンドミュート(Fn変更可能)
  • F10:コンプレッサ(Fn変更可能)

スロットル起動で、ブロワーが自動起動。
スロットル位置によって、加速、力行、減速音が選択されます。
スロットルを少し戻すことで、ノッチオッフ音が出ます。
停止時にブレーキ音が出ます。そのタイミングで、ブロワーが停止します。

df22sxu16_EC_sound詳細

音源      DF22sxuECx_pkg.zip   書込みKEY (mZgoeNur)
CV定義   DF22sx2u16_EC.ini
CVリスト  DF22sx2u16_EC_cvlist.pdf

 

 
 [NGDCC DF22sx2u16_DC] 気動車設定 参考音源収録
  • F2:タイホン(Fn変更可能)
  • F7:ドア開閉(Fn変更可能)
  • F8 サウンドミュート (エンジン、停止、再起動)(Fn変更可能)

デコーダ起動で、エンジン起動します。
スロットル起動で、エンジンが吹けあがります。
スロットルを少し戻すことで、エンジンがアイドリングとなります。
停止時にブレーキ音が出ます。

df22sxu16_DC_sound詳細 

音源      DF22sxuDCx_pkg.zip   書込みKEY (mZgoeNur) update 2019.12.28
CV定義   DF22sx2u16_DC.ini
CVリスト  DF22sx2u16_DC_cvlist.pdf

 

 
収録音は、参考音源ですが、データで公開いたしますので、手持ちの音源と一緒に利用することが出来ます。
ただし、保護形式なので赤い箱専用ソフトウエアのみでのご利用となります。

収録音パッケージ

ライトファンクションやサウンドファンクションとファンクション番号は自由に割付変更可能となっています。

1.3 音源書き込み

1.既成のサウンドパッケージを導入するには。

サウンドプログラム DF22sxU16音源導入

2.サウンドパッケージの編集。

音源編集は、サウンドプログラム DA10sx1音源編集 を参考にしてください。

3.サウンドファイルの作成

サウンドプログラム df22sxu16音源ファイル編集

 

書き込みソフトの説明:→サウンドプログラム

赤い箱は、「DP1CS v.41以降」 電圧電流が右下に表示される仕様
ソフトウエアは、DccPgm4 v.1.03 もしくは、DccPgm3 v.10.21以降

 

 

2.実装及び仕様

   

 

2.3 仕様

項目

内容

DCC動作電圧

7 – 16V(絶対定格)

出力電流 50mA  合計 100mA

サウンド出力

8 ohm 0.6W BTL  
※外部AMP等の接続不可

音源形式 wavファイル、8bit 11025Hz mono
音源メモリ 1M bytes ※音源管理領域含む
収録可能時間 約90秒

アドレス設定

1 - 10239

プログラミングモード

全プログラミングモード

総括制御

対応

CV値リセット

CV8=103の書き込みで出荷時状態にリセット