DF19x4bpss (4FX 両極性デコーダ)              \1,800- 2018/08/24 更新


[HOME][会社紹介][DCC製品][ご注文][暫定掲示板]



SIZE: 16.5 x 12.5 x 2.5mm

標準添付

※2018.2 v.16 より PANTA SPARK実装

DP1定義 (DF19x4bp.ini)  update 2018.8.24

CVリスト : (DF19x4bp_CVLIST.pdf)   update 2018.8.24

1.概要

  • 2FX 両極性ファンクション及び 2FX完全独立ファンクション。F0-F28及び方向制御の設定が可能です。

  • NGDCC DF11r5 に2FX追加したものと同等となります。

  • REV JUMPER (方向反転)を、配線で短絡させることにより、CV29.0の設定にかかわらず、進行方向を反転させることができます。

  • ファンクションは、1END,2ENDというグルーピングが出来ます。

  • フルファンクション(米国型ファンクションを含む)

  • FX28対応 - CV46の設定により、方向転換してもライトなどの方向が一時的に変更しないように出来ます。(入換え時に有効)

 

 

2.仕様

項目

内容

DCC動作電圧

7 – 22V(絶対定格)

出力電流

FUNCTION ×4

FX 50mA以内  

合計

連続0.9A 
※連続出力は、放熱無限大の条件です

アドレス設定

1 - 10239

プログラミングモード

全プログラミングモード

総括制御

対応

CV値リセット

CV8=103の書き込みで出荷時状態にリセット

アナログ運転 アナログ運転における性能保証は
いたしません。