DE22x6_DE10K  KATO製 N 専用   (直販専用)               2012/05/19更新

DE22x6_DE10K 6fx デコーダ 
DE22x2_DE10K 2fx デコーダ  

DE22x6 DD54K  に統合

[HOME][会社紹介][DCC製品][ご注文][暫定掲示板]

DE22x6_DE10K 6FX

-6FX (入換標識灯可)
-MOTOR 0.5A Silent BEMF
-LEDは要別途購入

 

DE22x2_DE10K 2FX

DE22x6_DE10K とプリント基板は共通ですが、LED点灯回路を 2FX分しか実装していません。 

 


DP1定義 DE22x6.ini

CVリスト DE22x6_CVLIST.pdf

1.概要

本デコーダは上級者向けです。

 

モニタテスト実施済み車輛リスト

TOMIX ED76-0 - 南福岡急行鉄道 TOMIX ED76-0 品番:2173 

KATO製ではありませんが、応用例です。

TOMIX EF66-0 - 南福岡急行鉄道 TOMIX EF66-0 品番:2165 

KATO製ではありませんが、応用例です。

   
   
   
   

 

2.LED組込み設定  

  1. 下図のデコーダは、DD51用のものですが、LEDの配置、結線(極性)は、DE22x6_DD51K と同じです。

  2. 本デコーダでは定電流出力なので抵抗器やCRDは不要です。

  3. DE22Kのように、入換標識灯の組込み設定が可能です


    ※ 2FX版では ヘッドライトのみ有効です。

  4. 入換標識灯の機能を使用しないときには、1END側の入換標識灯をCV34、また2END側の入換標識灯をCV37の設定により各々独立FXとして、室内灯などに流用することが可能です。

     

  5. なお、すべての、FXは、F0-F12まで自由に割り付けることが出来ます。ただし、ヘッドライト及びテールライトにあらかじめ割付けられている4FXは、機能変更できないのでご注意下さい。

3.仕様

項目

内容

DCC動作電圧

7 – 22V(絶対定格)  12Vを推奨

出力電流

MOTOR

連続 0.5A   瞬間2A(50msec以内)

FUNCTION * 6

FX 10mA 定電流出力

合計

連続1.2A ピーク(50msec以内)
※連続出力は、放熱無限大の条件です

PWM周波数

16KHz
ただし、BEMF有効時は、約100Hzの周期でモータ逆起電力を取得する為に、出力を一時的にCUTするので、モータによっては多少振動します。

加減速

対応

Speed Step

14,28,128 ステップ
start , mid , max
値変更可能
28スピードテーブルナシ

アドレス設定

1 - 10239

プログラミングモード

全プログラミングモード

総括制御

対応

CV値リセット

CV8=103の書き込みで出荷時状態にリセット

アナログ運転 アナログ運転における性能保証は
いたしません。

 

4.組み込み例

 DE10(7011-2)

LEDは、LED分売 (黄白色チップLED LTW-270TLA)を使用しました。

純正品で使用されている形状のSide-View仕様の白色LED 例えば(NESW008BT)等は、ハンダ付けランドの極性が異なるため使用できません。

黄色チップLED:  FY1101F-TRは、LEDを引っ繰り返すと、極性を逆にできますので使用できます。

この例では、切削加工は一切不要でした。

ダイキャストボディを2箇所KAPTON テープで絶縁します。

特に、モータの部分は慎重に処理してください。

モーター配電クリップを、KAPTONテープで絶縁処理します。

端角も短絡の危険があるので、包み込むように処置してください。

 

基板の精度が±0.1mmでまたクリアランスの余裕がないため、基板の個体によっては、ダイキャストにうまくはまらないことがありますので、現物に合わせて、やすりで基板を削って調整してください。

事前に純正基板と重ね合わせて調整しても良いと思います。

短絡しても、デコーダが焼損しない程度の電流 100mA以下で試験走行を行ってください。
前進方向の設定について: 

本製品では、便宜上 1END,2END を設定しているために、DE10に組み込んだ場合、ボンネットの短い方向が前進方向になっておりますが、正しくはボンネットの長い方向が1ENDのようです。そのために、前進方向を正しく設定するためには、CV29.0=1に設定をお願いいたします。なお、CV29.0の設定は ANALOGモードでの方向は変更されません。 2009.9.26

 

ED73 (3012)

LEDは、LED分売 (黄色チップLED:  FY1101F-TRを仕様しました)

Side-View仕様の白色LED 例えば(NESW008BT)等は、ハンダ付けランドの極性が異なるため使用できません。

この例では、切削加工は一切不要でした。

ダイキャストボディを1箇所KAPTON テープで絶縁します。

モーター配電クリップを、KAPTONテープで絶縁処理します。

端角も短絡の危険があるので、包み込むように処置してください。

写真のクリップは、DE10用のものですが、やり方は同じです。

短絡しても、デコーダが焼損しない程度の電流 100mA以下で試験走行を行ってください。

この例では、モーター配電クリップを、デコーダ基板にハンダ付けして固定しています。